経営業務の管理責任者とは

経営業務の管理責任者とは建設業における適正経営を確保する事を目的とした基準で、建設業の経営に関して一定以上の経験を有する者です。
法人であれば常勤の役員の内の一人、個人事業の場合は本人か支配人(支配人登記が必要)が経営業務の管理責任者の要件を満たしていなければなりません。
経営業務の管理責任者は営業所ごとに必要な専任技術者と異なり、主たる営業所に1人いればかまいません。ただし営業所が複数ある場合は、経営業務の管理責任者の代わりになる令第3条の使用人(いわゆる支店長ですが、見積もりや契約締結等の実体的な業務の権限が委任されていなければなりません)を置かなければなりません。
また要件さえ満たしていれば同じ人が複数業種の経営業務の管理責任者となることはできます。

経営業務の管理責任者の要件

経営業務の管理責任者となる為には、下記のいずれかを満たしてなければなりません。
H29.6.30の改正により一部要件が緩和されました

1.許可を受けようとする建設業の業種について、建設業者における経営者としての経験が
  5年以上あること。

2.許可を受けようとする建設業以外の業種について、建設業者における経営者としての経験が
  6年以上あること。

3.許可を受けようとする建設業の業種に関して、6年以上経営業務を補佐した経験を有している
  こと

4.許可を受けようとする建設業以外の業種に関して、6年以上執行役員等としての経営業務管理
  経験を有していること



経営者としての経験とは

法人の役員や個人事業主として、営業取引上対外的に責任を有する地位にあって、建設業の経営業務を総合的に管理した経験をいいます。工事施工に関する現場の責任者などの経験は該当しません。また、上記の法人の役員には執行役員、監査役、会計参与、監事及び事務局長は含まれません。

補佐とは、法人であれば役員に次ぐ地位(会社から具体的な権限委譲を受け建設業の経営管理を行った執行役員、組合理事、支店長、営業所長又は支配人に次ぐ職制上の地位にある者)にあった者で、個人事業主の場合は配偶者や子(経営業務管理責任者であった事業主の方がお亡くなりになった場合の特例措置です)などになります。

常勤性について

経営業務の管理責任者は営業所に常勤している必要がありますので、他社で常勤している代表取締役や経営業務の管理責任者及び専任技術者、管理建築士、宅地建物取引主任者等の専任性を要する者と兼任はできません。
自社の同一営業所の専任技術者との兼任は可能です。

経営業務の管理責任者の証明書類

経営業務の管理責任者の要件を満たしている事は書面で証明しなければなりません。
下記は証明書類の一例で都道府県やケースにより提出書類は異なります。

1.常勤性の証明
 ・申請会社の健康保険証
 ・標準報酬額決定通知書
 ・雇用保険被保険者資格取得確認通知書
  
2.経験の証明
 ・法人の場合は在籍していた会社の登記簿謄本
  ※事業目的に取得する業種の施行を行っている事が読み取れる内容が必要です。
   目的が取得する業種に限定出来ない様な文言の場合は、裏付け資料として契約書等の写しを添付、
   又は7年間の役員在籍期間が必要となります。
  ※上記取扱いは平成30年1月4日より変更され、法人の場合であっても発注者からの施工証明が必要と
   なります。


 ・発注者からの施行証明
  ※専任技術者の実務経験証明と異なり、複数の工事をまとめる事はできません。



ご依頼・ご相談
お電話・メールでもご相談は無料です。お気軽にお問合せください。

メール

お電話でのお問合せ  受付時間:9:00~21:00(土日も対応)
088-856-7327

事務所概要

行政書士アネクト法務事務所
〒780-0072
高知県高知市杉井流16-5
6階B号室
TEL:088-856-7327
FAX:088-856-7328
 ⇒アクセスマップ
 ⇒事務所HP
ページのトップへ戻る